結婚準備 > ブライダルブーケとブートニア

ブライダルブーケとブートニアについて

結婚式に着るドレスが決まったら、そのドレスに合うブーケの準備をします。
ブートニアとは、新郎が胸につけるコサージュの事で、ブーケで使われている花材で作ります。
ブーケとブートニアについて、こんな言い伝えがあります。
昔、彼が野に咲く花を摘んで作った花束を彼女に渡しプロポーズしました。
彼女は、貰った花束の中から一輪の花を抜き、彼の胸元へ挿してOKの返事をしました。
ここから、ブーケとブートニアは同じお花を使うようになったと言われています。

ブーケには、たくさんの種類があります。
ラウンドブーケは、花を半円形に集めた最も基本的な形のブーケです。
花材や色使いを変えるだけで、フォーマルにもカジュアルにもなりどんなドレスにも似合います。
キャスケードブーケは、流れる滝をイメージしています。
上品な形なので、白とグリーンで作るととても清楚な雰囲気になります。
もちろん、白以外で作っても素敵です。
クレッセントブーケは、三日月をイメージしたゆるやかなカーブがブーケを豪華に見せてくれます。
シンプルなドレスに合わせるととても映えると思います。
クラッチブーケは、集めた花をギュッと束ね、わざと茎が見えるように手で握って持つブーケです。
ナチュラルな雰囲気で可愛らしいので、どんなドレスにも似合います。
オーバルブーケは卵型のブーケで、優雅な雰囲気を持っています。
大人っぽいドレスに合わせると、まるで貴婦人にでもなったように見えるでしょう。
アームブーケは、カラーやチューリップなどの細長い茎を生かしたブーケです。
すらっとした雰囲気なので、細身のドレスに合わせるといいでしょう。
ボールブーケは、ブーケをまん丸のボールの形に作り、リボンなどでぶら下げて持ち手をつけ、手にさげて持ちます。
立食スタイルのパーティーにお薦めです。
また、白一色で作ると雪玉みたいなので、これを「スノーボールブーケ」と呼びます。
バッグのブーケは、お出かけのバッグのように作った一風変わったブーケです。
使う花材や色で、まったく違った印象のお花のバッグが出来上がります。

いろいろなブーケの形があり、目移りしてしまうかもしれません。
事前に結婚雑誌などで、ある程度どんな形にするか、色はどうするかをイメージしておくといいでしょう。
また、自分で作って準備するのも思い出になりますし、コスト面でも少しお得です。