結婚準備 > 人前結婚式

人前結婚式について

人前結婚式は、神や仏に結婚を誓うのではなく、式に参列する家族や親族、友人などの前で結婚を誓い、「証人」になってもらうという挙式のスタイルです。
しきたりなどは一切ないため、2人らしいアイデアや趣向を凝らしたオリジナルな結婚式を行う事ができます。
人前結婚式は、以下の流れで行われるのが一般的です。

1.入場
参列者が先に入場した後、新郎新婦が入場します。
2.開式宣言
司会者が開式を宣言し、人前式の意味を簡単に説明します。
3.誓いの言葉
新郎新婦が、自分たちで考えた誓いの言葉を読み上げます。
4.婚姻届または結婚証明書に署名
新郎新婦と立会人が、婚姻届またはその代わりとなる結婚証明書に署名捺印をします。
署名後は高く掲げて参列者に披露します。
5.指輪の交換
新郎から新婦へ、続いて新婦から新郎へ、それぞれの左手薬指に指輪をはめます。
6.乾杯
司会者または立会人が2人の結婚の成立を宣言し、参列者全員で乾杯をします。
7.閉式宣言
司会者が閉式を宣言し、人前式を終了します。
8.退場
新郎新婦は腕を組み、退場します。

自分たちだけのオリジナリティあふれる結婚式を挙げる事のできる人前結婚式ですが、その分準備も怠るわけにはいきません。
進行役である司会者や立会人も自分たちで決め、依頼します。
2人の事を十分に理解し、また人前結婚式にも理解のある方にお願いするといいでしょう。
演出等も自分たちで決めていかなければなりません。
自由なスタイルだからといっていろいろ取り入れすぎてしまうと、かえってどれも中途半端になってしまうかもしれません。
どんな結婚式にするか大まかな設定をして、それから綿密な準備をしていく事が大切です。