結婚準備 > 仏前結婚式

仏前結婚式について

仏教では、2人が出逢ったのはただの偶然ではなく、前世から深い因縁があったのだと考えられています。
仏前結婚式は、仏様やご先祖様に2人が結婚の「誓い」をするのではなく、2人の出会いを深く感謝し、結婚する事を「報告」するという考えで行われます。
ホテルや結婚式場に仏前式を扱っている所は少なく、先祖代々のお寺や自宅の仏前に僧侶を招いて行います。
仏前結婚式は、以下の流れで行われます。

1.入党
最初に新郎側の両親や親族、続いて新婦側の両親や親族が入党します。
次に媒酌人夫妻に付き添われた新郎新婦が入党します。
2.献香三拝(けんこうさんぱい)
僧侶が入堂して、焼香、三拝します。
3.敬白文朗読(けいびゃくもんろうどく)
僧侶が、結婚式の開始を仏様とご先祖様に向けて報告する敬白文を朗読します。
4.念珠の授与
僧侶は、仏前に供えられている白い房のついた念珠を新郎へ、赤い房のついた念珠を新婦にそれぞれ渡します。
2人は念珠を左手で受け取り合掌します。
5.司婚の辞
僧侶が、新郎新婦に末永く添い遂げる誓いを求めますので、新郎新婦は誓いを立てます。
6.誓詞朗読
新郎新婦が誓いの言葉を朗読します。
7.新郎新婦の焼香
新郎は、念珠を左手に下げ、右手で焼香し合掌します。
続いて新婦も同様に行います。
8.誓杯と親族固めの祝杯
誓杯は、神前式でいう三々九度です。
新郎新婦の後、参列者全員が起立して親族固めの祝杯をあげます。
飲み干したら、全員で仏前に合掌します。
9.法話
僧侶から結婚を祝う説話をいただきます。
10.退堂
僧侶、新郎新婦、媒酌人、両親、参列者の順に退堂します。

仏前結婚式の衣装は、神前結婚式同様に白無垢と羽織袴が一般的ですが、ウェディングドレスなどの洋装でも大丈夫です。
お寺や自宅で行う式の為、結婚式の費用には衣装代は含まれていないので、衣装の手配や準備は自分たちで行います。
また、指輪交換を行いたい場合は、事前に準備しておきましょう。