結婚準備 > 神前結婚式

神前結婚式について

神前結婚式とは、日本の一番伝統的な挙式のスタイルです。
神社や会場に設けられた神殿で行われ、神の前で結婚の報告と誓いをします。
式に参列できるのは、両親、兄弟、おじやおばくらいまでの親族に限られているので、日本人らしい厳粛な式となります。
神前結婚式は、以下の流れで行われます。

1.入場
巫女の先導にて、新郎新婦、媒酌人、両親、親族の順に入場します。
2.修祓の儀(しゅうばつのぎ)
斎主(神主)が祓詞を奏上し、身を清める儀式として参列者は全員起立して頭を下げ、おはらいを受けます。
3.祝詞奏上(のりとそうじょう)
斎主が神に2人の結婚を報告し、新郎新婦の新たなる門出を祝う祝詞を読み上げます。
4.三献の儀(さんこんのぎ)
新郎新婦が、大中小3つの杯でお神酒を交互に飲み(三々九度の杯)、夫婦になる契りを交わします。
5.誓詞奏上(せいしそうじょう)
新郎新婦は神殿に進み、新郎が誓詞を読み上げ、新婦は最後の新郎の名前の後自分の名前を述べます。
6.指輪交換
まずは、新郎が新婦の左薬指に指輪をはめ、続いて新婦が新郎の左手薬指に指輪をはめます。
7.玉串奉奠(たまぐしほうてん)
新郎新婦はそれぞれ玉串を持って神の前に立ち、二礼二拍手一礼をします。
8.親族杯の儀
巫女の合図で、両家の親族が 同時にお神酒を三口で頂きます。
9.斎主あいさつ
斎主が祝福の言葉と式の終了を告げます。
10.退場
新郎新婦、媒酌人、両親、親族の順に退場します。

神や親族の前で読み上げる誓いの言葉を事前に準備する必要はありません。
会場に定型文が準備してあるそうです。
また、希望があれば自分たちの言葉に直す事もできるようです。