結婚準備 > 結婚式の日取り

結婚式の日取りについて

結婚式を挙げるにあたって、まずは日取りを決めない事には何も準備が始まりません。
2人にとって大切な結婚記念日になるのですから、慎重に決めたいものです。

中国から伝わり、日本の旧暦で吉凶を占う基準となる6つの日の事を「六輝(ろっき)」といいます。
日本の冠婚葬祭にはこの六輝を目安にする事が多いので、ここで紹介したいと思います。

六輝には、大安(たいあん)、友引(ともびき)、先勝(さきがち・せんしょう)、先負(さきまけ・せんぷ)、赤口(しゃっこう・しゃっく)、仏滅(ぶつめつ)の6種類があります。

大安とは、「大いに安し」の意味です。
1日通して吉なので、何をするにも順調に物事が運ぶおめでたい日とされています。
友引とは、先勝・先負の間に入って、何をしても勝ち負けがつかないとされる日の事です。
午前中と夕方は吉、正午のみ凶とされています。
「友を引く」として、結婚式には喜ばれ、葬儀には避けられています。
先勝とは、「先んずれば勝つ」という意味です。
午前中が吉、午後は凶で、急いで物事を運ぶと良いとされています。
先負とは、「先んずれば負ける」という意味です。
午前中は凶、午後が吉で、何をするにも控えめにするのが良いとされています。
赤口とは、赤口神という鬼神が人々を悩ます日だと言われ、赤口神が休む午の時(11時~13時)だけは吉とされますが、一般的には厄日で特に祝い事には大凶です。
赤は、火や血を連想するので、火の元や怪我に注意するようにとも言われています。
仏滅とは、「物事が滅する日」の事です。
「物滅」が転じて「仏滅」となりました。
万事全てが凶の最悪の日とされています。

結婚式には大安や友引が良いとされていますが、キリスト教の式の場合には六輝は関係ありません。
会場によっては、価格を抑えた「仏滅挙式プラン」というのもあるようです。

自分たちの仕事等の都合や両親の予定を考えつつ、半年前には会場を予約しておくといいでしょう。
結婚式の日取りが決まれば、その日に向けていろいろな準備が進められる事になります。