結婚準備 > サムシングフォーとは?

サムシングフォーとは?について

サムシングフォーは、花嫁の幸せを願う欧米の習慣です。
花嫁が次の4つの物を準備し、身につけて結婚式に臨むと幸せになれると言われています。

1.なにか古いもの (サムシングオールド)
2人の新生活が豊かになるように、先祖代々に伝えられた財産を受け継ぐという事です。
家族から譲られたジュエリーなどが一般的ですが、花嫁衣裳やその時使われたベールやリボン飾りなどを使用する場合もあります。
2.なにか新しいもの (サムシングニュー)
これから始まる新生活が幸せに過ごせる事を祈願して、新品のものを用意します。
結婚式当日に新調したものなら何でもいいのですが、一般的には白いものを準備します。
花嫁衣裳の一部である白い靴や長手袋などをこれにあてたりします。
3.なにか借りたもの (サムシングボロウ)
友人や隣人との縁を表しています。
幸せな結婚生活を送っている人からハンカチやベール、アクセサリーなどを借りる事によって幸せを分けてもらいます。
4.なにか青いもの (サムシングブルー)
青は、幸せを呼ぶ色とも忠実や信頼を象徴する色とも言われており、聖母マリアのシンボルカラーでもあります。
また、花嫁の純潔や清らかさも表しています。
サムシングブルーは、人目につかない場所に身につけるのが良いとされており、白いガーターに青いリボンをつけるのが一般的です。

サムシングフォーの由来は、マザーグースの歌にあります。
『なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの、なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの、そして靴の中には6ペンス銀貨を』欧米でこの歌は親しまれ、花嫁の幸せを願う習慣となっています。
最近では、日本でもこの習慣は広まり、結婚式に取り入られるようになってきました。